■傘長(かさちょう)とは/No.2■
傘長は創業嘉永5年(1852年)東京の提灯屋です。江戸文字(籠字)や家紋を書く伝統と技術を受け継ぎ、手書きの提灯・扇子・江戸字凧・焼文字木札を製作、販売しています。
提灯に書く江戸文字は、千社札・半纏・寄席などの文字と同じく、余白なく右肩あがり(満員御礼で景気のいい様子)の縁起のいいものとして発展してきました。扇子は人生の節目節目のお祝いに使われ、「末広がり」の縁起物として、現在も結婚式や長寿のお祝いの贈りものとして使われます。江戸字凧は、開運招福・五穀豊穣・子孫繁栄などの願いを込めて空に上げていました。また「名前凧」は名前を上げることから縁起が良いと、誕生祝、開店祝などに使われています。現在、傘長では、それらの商品をインターネットや展示会で販売しています。

 

■傘長の歴史

 創業嘉永5年(1852年)。大和国から江戸に出て、武家内職で覚えた番傘や提灯に文字を書き売ったのが傘長のはじまりです。傘長で主に書いていた文字は、提灯や番傘など、凹凸のある場所に書いていましたので「籠字」です。籠字とは、輪郭をとって中を塗りつぶす手法の創り文字です。
 三代目の時代のヤッチャバ(神田の青果市場)は、東洋一と云われた市場の全盛期で、人の行き交いが激しく活気に溢れていました。どこの商店も店の屋号入りの番傘を沢山用意していたので、番傘が良く売れたそうです。また提灯や招木の看板、開店用のビラやチラシ、大入額の金文字入れなど商売に彩りをだす仕事が多かったそうです。
 四代目が継いた昭和30年頃は、商店の番傘や提灯の需要が減っていく時代でした。それでも提灯を注文してくださるお客様がいましたが、「提灯だけでなく、もっとお客様の「暮らし」に根ざした物づくりをしなければならない」と商品を現代化するアイデアを考えたそうです。「暮らしの中に江戸文字を」とインテリア小物にもなる、ミニ提灯・ミニ番傘・ミニ凧などオリジナル商品を考え、「江戸趣味紙工芸品」という新たなギフト商品をつくりました。ちょうどその頃、「民芸ブーム」「手作りブーム」が有り、後押しされるかたちで沢山売れたそうです。また「江戸趣味紙工芸品」にとどまらず、扇子・団扇・木札など色んなところに文字を描いて売っていたそうで
す。

Edo-Moji KASACHO
Edomoji is a traditional lettering style from the Edo period , and it was invented for advertising. Kasacho, is a special paper lantern shop in Tokyo, since it's establishmentin 1852.
At Kasacho, we inherited the tradition and craftsmanship of Edomoji. We specialize in
“Kagoji”, which is a form of Edomoji in which the characters are thick, square in shape, and also include family crests. We also produce lanterns, folding kites, and wooden nameplates with handwritten characters engraved on them. All items are for sale.
The Edomoji characters written on the laterns are the same as used for “Senjafuda”.“Senjafuda” are stickers of paper that bear the name of a worshipper which are posted on the gates of shrines and temples for good luck.Hanten, which means “short coat” and Yose , which means “Vaudeville Theater”.These Edomoji characters are written slightly upward to the right and they imply “ever increasing”; also the characters are written without spacing which implies a
“sell-out”. This style of writing is particular viewed as favorable because it is believed to bring good luck.
Folding fans are symbolic and they are used to celebrate important events in life. The shape of a folding fan implies the meaning of “eternity” and is suggestive of “ever spreading” wealth and good luck. In modern times, folding fans are typically selected as gifts for large celebrations, such as graduations, weddings, and coming of age ceremonies.
Kites with Edomoji are symbolic because when they fly it is believed that they will fulfill wishes. Typically, wishes of good fortune, a rich harvest, and prosperity to ones descendants are engraved on the kites.Kites with names written in Edomoji are used for birthday celebrations, and for the opening of a store. Kites rise in the sky and it is believed that a kite with a business's name written on it, or the name of an individual will rise just as the kite does.
Currently, Kasacho provides these products via the Internet and at exhibitions.