■出版記念パーティー■「手書き提灯」製作の様子■■
■インテリアデザイナーの方の白金、八芳園での出版記念パーティーにお使いいただいた時の、提灯製作の様子です。提灯にお書きする内容は「家紋・地名・お名前」などが一般的ですが、お使い頂く場所などを教えて頂ければ、ある程度「こんな感じでは。」というご提案もさせて頂きます。
手書き扇子 ■今回はお名前の上に、趣味のグループのマークを作り入れることにしました。サーフィンの集まり。ゴルフの会。お花見の会。旅行のグループなどです。■丸づくし文字や家紋の輪など、昔から提灯に書いている物をベースにしています。
(丸づくし文字とは:浅草の大提灯をはじめ、魚河岸やお祭りの半纏などに今でも見られる、神田丸、日本橋丸などの文字です。)
手書き扇子 ■丸づくし文字や印鑑風文字(四角の中に入れる)なども、作って見ないと、細かに決められません。■文字を作っていく中で、多少書き方や内容などを変えていただいたりもしました。めざすは、提灯になった時に、ビシット決まる・力づよい文字です。
手書き扇子 ■下書きの完成。これを元に提灯にあたりを取り、仕上げます。■丸づくしを書く場合、中に差す色は「赤茶」(少し茶色によった赤です)です。これは、墨の黒とのバランスで一番いいものを使っています。
手書き扇子 ■提灯は江戸文字の中でも「籠字」を使います。籠字は、廻りを素描し中を塗り込む、つくり文字です。提灯は、遠くから見ることもある物なので、文字と文字のバランス・抜きなどを創っていきます。それは使われる大きさ・場所・時間により微妙に異なります。
手書き扇子 ■提灯の塗り込み。
手書き扇子
■提灯の完成です。火袋(ひぶくろ)と言われている、竹に和紙を張った白いところに上と下の道具、重化(じゅうけい)を取付て完成です。
手書き扇子 手書き扇子 手書き扇子 手書き扇子
■白金・八芳園でのパーティーの様子です。提灯はそれぞれの会の方が持たれて、会場を練り歩きました。最後の中締めでは、提灯をもってスピーチをしていただき、非常に目立っていました。演出のひとつですが、提灯を大変効果的に使っていただきました。

■細弓張り提灯:12cmφx高さ50cm
・家紋/お名前 ¥16.200(税込)より・丸づくし/お名前 ¥19.440(税込)より
・書き方によりお値段・製作期間は変わります。お気軽にお問い合わせください。